「ワードでホームページ」は日本一簡単です!!

ブログ - 1004エラー このオブジェクトの作成元アプリケーションを起動できません。

1004エラー このオブジェクトの作成元アプリケーションを起動できません。

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
2021/6/23 14:03
緒方です。Office2007で、1004エラーが起こるというブログを書きましたが、テストしていると、Office2016でも発生していることがログから確認できました。

以下の、黄色のところです。

2021/06/23 9:31:41 ブログ HonbunRead
2021/06/23 9:31:41 ブログ 本文をWordから取得 処理実行中...
2021/06/23 9:31:41 ブログ WordObjectxlPrimary
2021/06/23 9:31:41 ブログ WordObjectxlPrimaryGo
2021/06/23 9:31:41 ブログ loop1 k=1
2021/06/23 9:31:42 ブログ ■エラー1219: シート:ブログ ErrNo:1004 Err: このオブジェクトの作成元アプリケーションを起動できません。
2021/06/23 9:31:42 ブログ loop1 k=2
2021/06/23 9:31:45 ブログ WordObjectxlPrimaryGo 成功
2021/06/23 9:31:45 ブログ WordObjectxlPrimary 成功

このログはホームページツールのオプションで、ログを送信するにチェックを入れると出力されます。かなり詳細なログを出力しているので、ONにすると遅くなるかと、デフォルトはOFFにしています。


このログを見れば、ホームページツールのロジックまで概要くらいはわかってしまうのですが、ソースコードってわけではないので、これを見て真似をしようと思ってもまず無理です。

ソースコード上では、この1004エラーをどう引っかけているか?というのにも秘密()があり、VBA(マクロのこと)での普通の「on Error 」では途中で停止してしまいます。

手動でテストすると大変なのでテストロジックも組み込んであり、自動テストで走るのですが、見た目はエラーは起きてないように見えているので気づきませんでした。

後からログを1004で検索すると気づいたくらいです。Office2007よりは明らかに頻度は少ないものの数回はエラーがあって、ロジックに引っかかって再試行がかかって、何事もなかったように続行していました。

Office2007だからと言って古いからと対応しなかったら、ここでエラーになっていたでしょう。

でも今までこんなエラーは起きていなかったので、WindowsUpdateで何かの問題が発生したのか?

古いバージョンのホームページツールを動かしてみましたが、Wordを起動するところで、1004エラーで停止してしまいます。と言うことはホームページツールのロジックには問題なく、WindowsUpdateOfficeの環境が変わってしまったと考えます。

ちなみに64ビットのOfficeでもテストしているのですが、こちらでは一回も1004エラーはありませんでした。

なかなかやっかいな問題ですが、なんとか対処したいと思っています。

    閲覧 (94)