初心者向け!ExcelとWordでホームページ ツール

ブログ - HTMLメールのメルマガが出せるようになりました!!

HTMLメールのメルマガが出せるようになりました!!

カテゴリ : 
ブログ
執筆 : 
緒方貴志 2020/9/11 0:35
緒方です。久しぶりのブログです。
これまた久しぶりに新機能です。

このホームページツールにメルマガの機能をつけたのは、人間禅(座禅の会)で開発を始めて1年くらい経った後だったと思います。サーバー側のソフトはImpressCMSというWebソフトを使っているのですが、これはXoops(ズープスと読みます)というWebソフトと互換性があり、モジュール(アドインやアプリみたいなもの)を流用できます。

その中でもメルマガ用に、Evennewsという海外製のメルマガモジュールがあり、これを有志の方が日本語化ファイルを公開されています。このモジュールに私の方で、バッググラウンド送信による送信日時の予約機能を追加して使っているのですが、当初からHTMLメール・テキストメールの切り替えの機能がついていました。

ただ使い方がわからなかったので、長い間テキストメールでしか使ってなくて、ホームページツールの中でも、強制的にテキストモードにチェックをつけていました。

  「テキストメールとHTMLメールの切り換え」
  「送信方法」のバックグラウンド送信は、私が追加した予約送信の機能。


さて、今回、HTMLメールの出し方を調べて、写真や画像、リンクをフルパスにすれば良いだけだとわかったので、試しにフルパスに変換したHTMLソースをこのメルマガ・モジュールに入力してみると、あっさりと問題なくHTMLメールが出せることがわかりました。

開発された海外の会社はもうリンク先が無くなっているのでお礼の連絡もしようもないのですが、こんなに簡単にHTMLメールが出せるモジュールを開発してくれたことに感謝します。


ではホームページツールでは、メルマガの画面に、HTMLメールをON/OFFする機能をつけました。そして従来からある予約送信の方は残念ながら、このモジュールを使っていないので、そちらはテキストメール専用としました。


HTMLメールをONにすると、予約送信はOFFになります。HTMLメールは即時送信でしか出せませんが、これは将来は拡張するかもしれませんが、今回は制限事項として仕様にします。

HTMLメールの時は、リンク、画像、写真を、サイトにアップロードして、HTMLメールの中で、フルパスになるように改修しました。従来は、サイトアドレスを削除して、相対パスに変更していたので、メルマガの時はフルパスのままになるようにしています。

これでHTMLメールが出せるようになりました。開発当初からの夢(大げさw)が、また一つ可能になりました。開発に一週間ほどかかりましたが・・・


  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (77)

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.homepage2.work/modules/d3blog/tb.php/3577